(出典 userdisk.webry.biglobe.ne.jp)



カイロ団長」(カイロだんちょう)は宮沢賢治の短編小説(寓話)。生前未発表の作品である。 あるとき三十疋(ぴき)のあまがえるたちが、一緒に面白く仕事をしていた。彼らの仕事は虫仲間から頼まれ、木の実や花を集めたり、立派な庭を造ったりすることだった。ある日彼らはたまたま通りかかった道で「舶来ウェスキイ」
2キロバイト (389 語) - 2018年8月13日 (月) 03:09



(出典 shop.r10s.jp)


カイロ団長からの仕打ちもなんのその、うらむでなく、仲良くやって行こうで、賑やかなラスト

みやざわけんじbot・ザ・セカンド
@smartgovernance

ドッといっしょに人をあざけり笑って、それからにわかにしいんとなった時のこのさびしいことです。 (『カイロ団長』より)

2020-04-08 12:08:16

(出典 @smartgovernance)

手を洗おうキレィ *∩(´∀`)っ* キレィ自宅警備隊海松
@notumimatsu

@staff_aoi 宮沢賢治の『カイロ団長』は、『しゅっぽ〜ん!』とか『き〜ぃき〜ぃ』とか音の表現が面白くて、それが繰り返し出てくるのでお子さんには良いと思います!少し長いかもしれないので、どこかはしょれるとよいのですが。

2020-04-08 09:53:25

(出典 @notumimatsu)

m!k!_t
@miki_t_caribtal

@staff_aoi 宮沢賢治さんの作品はどうでしょうか?個人的に大好きな『カイロ団長』もリストにあって嬉しい♪

2020-04-08 05:52:25

(出典 @miki_t_caribtal)

宮沢賢治名言bot
@meigen_kenji

すべてあらゆるいきものはみんな気のいい、かあいそうなものである。けっして憎んではならん。(『カイロ団長』より)

2020-04-05 16:06:43

(出典 @meigen_kenji)

フラノ団長と花騎士bot
@furanobot_fkg

―寒空―フラノ「ウィンターローズは何度来ても寒い、なあ…うぅ、寒…い……っくしゅ!」ビワ「ふっふっふっー、そんな時はビワに任せて…?団長の手、ビワが握って…ぎゅーっ!」フラノ「………!えへ…、暖かい…ね?」オオオニバス「…あら、…カイロはしまって良さそうですね、ふふ」

2020-04-03 12:27:25

(出典 @furanobot_fkg)

みやざわけんじbot・ザ・セカンド
@smartgovernance

そこへちょうど、一ぴきの蟻が通りかかりました。そしてみんなが飴色の夕日に、まっ青にすきとおって泣いているのを見て、驚いてたずねました。 (『カイロ団長』より)

2020-04-03 00:07:25

(出典 @smartgovernance)