秘仏 (種別の節)
日本文化史上重要と思われるいくつかの事例について略説する。 法隆寺夢殿本尊 観音菩薩立像(救世観音)-夢殿は、聖徳太子が営んだ斑鳩宮の跡に建てられた法隆寺東院の中心堂宇である。堂内中央の厨子に安置される救世観音像は聖徳太子等身のと伝える飛鳥時代の木彫像であるが、各種史料によれば平安時代後期の12世紀
20キロバイト (3,315 語) - 2019年6月1日 (土) 04:51



(出典 i.ytimg.com)



普段は非公開、春と秋に公開される秘仏。

これを観て感動されて、日本そして世界が平和に導かれるように祈られる方がおられます。

まだ日本もすてたものではありません。