弥勒菩薩像を中心に釈迦如来坐像、地蔵菩薩坐像、不動明王立像、降三世明王立像を含む5躯からなる。これら5躯の組み合わせは他にあまり例をみない。作風は当時流行した宋風の強いものである。仏像5躯と弥勒像の像内納入品は平成元年6月12日指定。地蔵菩薩
81キロバイト (12,213 語) - 2020年4月21日 (火) 01:24



(出典 intojapanwaraku.com)


慈恩寺の弥勒菩薩を拝めるのは、20年~22年に一度、しかも不定期

考えてみれば、弥勒菩薩は頻繁に来てもら わないといけないような、この世であってはならない筈である。
来臨されるときには、一切を救うことを前提としなければ。

簡単には御目にかかれれないのは、これを象徴しているのかも知れない。

仏師・『快慶』の仏像
@kaikei33

【京都・醍醐寺三宝院/弥勒菩薩坐像(1192)】1192年制作のこの像は快慶の特色である金泥を塗った最初の像で「巧匠アン阿弥陀仏」と記した初例。このことにより1189~92の間に重源と出会い弟子になったものと推察できる。 https://t.co/WQSznjwktd

2020-05-26 08:38:27

(出典 @kaikei33)

eeeee
@eeeeei_sub

開始早々どナチュラルな涼太呼びに「いいんですか⁉️」になった 翔太くんが涼太呼びするところって弥勒菩薩坐像くらいめったにみれないって聞いてるんで…………(20年に一度)

2020-05-20 18:34:36

(出典 @eeeeei_sub)