文七元結(ぶんしち もっとい)は、三遊亭圓朝の創作で、落語のうち、人情噺のひとつ。登場人物が多く、長い演目であり、情の中におかし味を持たせなくてはならないという理由から、難しい一題とされ、逆に、これができれば一人前ともいわれる。『人情噺文七元結』(にんじょうばなし ぶんしち もっとい)として歌舞伎でも演じられる。
11キロバイト (1,879 語) - 2019年5月25日 (土) 05:23



(出典 cdn.store-tsutaya.tsite.jp)





(出典 1.bp.blogspot.com)

(出典 www.keymannet.co.jp)

(出典 i.ytimg.com)


(出典 www.kabuki-bito.jp)

(出典 youkiza.jp)


(出典 www.tekona.net)

(出典 pds.exblog.jp)

(出典 kiyuumi.com)

You Say オンッマ
@hannaria_25

眠れないときなんぞに身共は落語を一席ばかし聞くんでぇ御座います落語と申しましても滑稽噺や怪談噺じゃあございません人情噺というやつで御座いますな中でも一番は文七元結という話でして、聞くたんびに江戸っ子というものに憧れる次第でございますあたくし将来夢は江戸っ子です(無理)

2020-07-16 01:15:37

(出典 @hannaria_25)

920
@sento_920

円楽(元楽太郎)さんの「浜野矩随」や、志らくさんの「文七元結」もめちゃくちゃ良くて泣けたな〜。人情噺好きなんだよな、結局

2020-07-16 00:05:24

(出典 @sento_920)