伊達政宗の子孫という設定である。彼女を通して様々な日本に関連するエピソードなどが登場する。特に原爆で家族を失った紫婦人の強烈なパーソナリティと宮本武蔵水墨画が、レクターの精神世界の構成に大きく影響を与えるところなど、「日本」が作中の大きなテーマになっているが、日本に関する描写は、日本人の視点からすれば不自然な点も散見される。
2キロバイト (204 語) - 2020年3月12日 (木) 20:06



(出典 blogimg.goo.ne.jp)


晩年になって、本当に価値あるものが何であるのかを幸いにも、悟ることができた宮本武蔵。



(出典 www.taiyo-planet.co.jp)


寒風のモズ - YouTube

(出典 Youtube)





(出典 upload.wikimedia.org)

(出典 j-art.hix05.com)

(出典 www.asahicom.jp)

(出典 blog.canpan.info)

(出典 yuagariart.com)

(出典 auctions.c.yimg.jp)

(出典 3.bp.blogspot.com)

(出典 blog.canpan.info)

(出典 www.smma.jp)

(出典 vintage-sketch.net)

(出典 blogimg.goo.ne.jp)

(出典 auctions.c.yimg.jp)

(出典 image.honto.jp)

(出典 images.keizai.biz)

(出典 img.aucfree.com)

(出典 serai.jp)

特撮大好き国木田花丸bot
@tokusatsu_maru

宮本武蔵は二刀流(正式には二天一流)の使い手で、佐々木小次郎との巌流島の決闘が有名ずら。武蔵に関する記述は諸説あって、本当は約束の時間に遅れてないとか、関ヶ原の戦いでは西軍にいたとか、黒田家と関わりがあった等。晩年は水墨画や五輪書の執筆など文化人としての側面も持っていたずら。

2020-08-06 04:00:20

(出典 @tokusatsu_maru)