東海道中膝栗毛 (弥次喜多からのリダイレクト)
大当たりして、今に至るまで読みつがれ、主人公の弥次郎兵衛と喜多八、繋げて『弥次喜多』は、派生する娯楽メディア類に、なお活躍している。文学的な価値とともに、文才とともに絵心のあった作者による挿絵が多く挿入され、江戸時代の東海道旅行の実状を記録する、貴重な資料でもある。 一般的には上記の『弥次喜多』あるいは『弥次喜多道中』の通称で親しまれている。
14キロバイト (2,021 語) - 2021年1月26日 (火) 17:12


日を追うごとに素晴らしく男前に成長する御両人。

どこでも歌舞伎
@dokodemo_kabuki

🕊#図夢歌舞伎家話-#弥次喜多-🕊【速報】#市川染五郎 #市川團子 が出演する『図夢歌舞伎家話-弥次喜多-』が3/14(日)#ホワイトデー に生配信決定!染五郎、團子からの素敵なホワイトデーギフトが当たるプレゼント企画も!… https://t.co/sMjx2oWHpN

2021-02-27 09:30:00

(出典 @dokodemo_kabuki)

viola33
@vividviolet3513

皆さま、染五郎君のトーク聴けますよぉ〜💕「図夢歌舞伎家話」で染五郎&團子が「弥次喜多」語る、ホワイトデーギフト当たるクイズも https://t.co/OOj2SqyAAP

2021-02-27 08:09:33

(出典 @vividviolet3513)