虫めづる姫君(むしめづるぎみ、、英:The Lady who Loved Insects)は、 社会の慣習に反し、平安の宮廷婦人に期待される振る舞いを破る女性を描いた、12世紀の日本の物語。短編小説集「堤中納言物語」内の10話ある短編の一つである 。 主人公は昆虫を飼育し、彼女の供の者に昆虫の名
6キロバイト (871 語) - 2020年5月4日 (月) 11:30



(出典 ecx.images-amazon.com)


虫めづる姫君3 - YouTube

(出典 Youtube)

さすがの昆虫好きのカマキリ先生も
「堤中納言物語」、虫めづる姫君殿には敵わない、かも。

何だって?

(出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)

【【昆虫中毒】『虫めづる姫君』×『虫めづる歌舞伎役者』】の続きを読む