アート天国JAPAN

当サイトは、歌舞伎 能 音楽 舞踊 文楽 絵画 文学など に 関する情報の5chやTwitterの声をまとめています。

    狂言



    (出典 www.ceruleantower-noh.com)



    それでも皆さん笑顔、素晴らしい。

    辛いとき笑うのが上級者のわらいだそうです、なので上の3人の狂言師さんのわらいは上級者の笑いも、含んでいます。

    つらいとき、無理にでも口角を上げれば、ふしぎと心も明るくなる。
    【【三笑】『茂山狂言会 大阪松竹座』wwwww】の続きを読む


    1994年、「萬斎」を襲名。伯父・初世野村萬(本名:太良)と父・二世野村万作(本名:二朗)の兄弟は、六世万蔵の息子だが、六世の死後名跡を分配することになった。長男・(太良)が七世野村万蔵を襲名し、次男・万作(二朗)は五世万造(六世万蔵の父)の隠居名・萬斎
    23キロバイト (2,579 語) - 2020年12月19日 (土) 20:26



    (出典 j-town.net)


    このニュースに係る意見を読ませていただき、感ずることは
    時には能楽堂などに出向き、狂言や能楽を観て、内観する機会を増やしたほうがよい方がたくさんおられるのではないかということです。

    狂言や能楽そして文楽、歌舞伎もそうですが、そういう方々の人生にとってこれら、古典芸能を観ることは、とても有益な時間となるはずです。


    1 muffin ★ :2020/12/23(水) 12:22:03.89

    https://natalie.mu/music/news/409967
    2020年12月23日

    椎名林檎、演出振付家のMIKIKOらがクリエーティブ・ディレクターを務める「東京2020オリンピック・パラリンピック」開閉会式総合演出チームが、新型コロナウイルス感染拡大を受けた演出の見直しに伴い解散することが発表された。

    これは本日12月23日、東京都内で行われた会見で明らかになったもの。2018年7月の演出チーム発表時には、椎名やMIKIKOのほかチーフ・エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクターとして式典全体の総合演出を手がける狂言師の野村萬斎、オリンピックの式典を担当する映画監督の山崎貴、パラリンピックの式典を担当する佐々木宏氏、映画プロデューサーの川村元気ら8人の参加がアナウンスされていた。

    会見には野村のほか、東京2020組織委員会専務理事・事務総長の武藤敏郎氏、そして式典の総合演出を受け継ぐ佐々木氏が登壇した。冒頭、武藤氏は今回の体制変更について、大会延期や社会状況の変化を経て大会の簡素化について議論する中、開閉会式の演出企画のゼロベースでの見直し、効率的な準備のために新たな体制の構築が必要という結論に至ったと説明。今後は今年7月に行われた開会1年前プログラムの演出企画も担った佐々木氏が、開閉会式の総合企画・エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクターを務める。

    武藤氏は任を解かれる総合演出チームの7人に向けて「組織委員会から、心よりの感謝と最大限の敬意を表します」と語り、野村は「企画に立ち会ってきたクリエーティブ・ディレクターやスタッフに感謝を申し上げたい。迅速な判断が求められる今の状況では機動力や効率を上げることが最優先であると同意しました。いろいろなものを作り上げてきたところで白紙になるのは苦渋の決断ですが、これが一番の対応だと思っています」と、総合演出を離れるにあたっての思いを明かした。「我々が積み上げてきたものを佐々木さんも受け取って、十分に発揮してくださると思います」という野村からのエールを受けた佐々木氏は「7人の皆さんとこれまで大変楽しい時間を過ごしてきました。皆さんの思いを受け継いで、コロナがあったからこその新しい式典のアイデアを出し、大きくなってきた(オリンピックの)式典のイメージを変えていきたいです」と語った。


    (出典 ogre.natalie.mu)


    【【五輪】総合演出・野村萬斎、椎名林檎やMIKIKOら参加の「東京2020オリンピック」総合演出チームが解散、簡素化のため体制見直し www】の続きを読む


    1994年、「萬斎」を襲名。伯父・初世野村萬(本名:太良)と父・二世野村万作(本名:二朗)の兄弟は、六世万蔵の息子だが、六世の死後名跡を分配することになった。長男・(太良)が七世野村万蔵を襲名し、次男・万作(二朗)は五世万造(六世万蔵の父)の隠居名・萬斎
    23キロバイト (2,579 語) - 2020年12月19日 (土) 20:26



    (出典 img.jisin.jp)
    開閉式が縮小された環境において、世界に日本の伝統文化をシンプルに解りやすく観てもらうという方向を考えるなら、

    より派手な演出の市川海老蔵ひきいる歌舞伎の方ということなのでしょうか?

    海老蔵も心痛いのでは察します。

    より深い世界を演じているのは、歌舞伎より能や狂言です。

    それぞれの場において、お役目がありますから、やむを得ないのでしょう。

    【【解散】野村萬斎統括チーム、五輪の開閉式www】の続きを読む



    (出典 www.musicvoice.jp)


    先ずですが

    オリンピックを開催しても世界の人たちは、そこに関心が向かないとおもいます。

    前の大会までのように手放しで選手たちの活躍に一喜一憂し、盛り上がるような状況になるのは来年も難しいと考えてられます。

    ただ、それでも開かれるかもしれません。

    【【残念】『野村萬斎離れる』www】の続きを読む


    1994年、「萬斎」を襲名。伯父・初世野村萬(本名:太良)と父・二世野村万作(本名:二朗)の兄弟は、六世万蔵の息子だが、六世の死後名跡を分配することになった。長男・(太良)が七世野村万蔵を襲名し、次男・万作(二朗)は五世万造(六世万蔵の父)の隠居名・萬斎
    23キロバイト (2,581 語) - 2020年12月14日 (月) 23:36



    (出典 www.news24.jp)



    先の東京オリンピックは精神性があったという野村萬斎、言われてみれば確かに!

    萬斎がご指摘されておられるように昨今は、開会式でカメラ持って入場して来るオリンピック選手がいます、これはいただけないと想います。
    さらに
    お祭り騒ぎに満ちあふれた開会式なども、シンプルにやらざるを得ない状況に追い込まれ、失ったオリンピック精神を取り戻す絶好のチャンス到来の時とも云われています。

    シンプル・イズ・ベストになります、

    考えてみれば、能や狂言がまさにそれです。
    さすが、狂言界が生み出したスーパースター野村萬斎。
    【【帰還】開会式『野村萬斎』www】の続きを読む

    このページのトップヘ