アート天国JAPAN

当サイトは、歌舞伎 能 音楽 舞踊 文楽 絵画 文学など に 関する情報の5chやTwitterの声をまとめています。

    落語


    5代目 三木助(かつら みきすけ、本名:小林(こばやし) 康浩(やすひろ)、1984年3月19日 - )は、日本の落語家。東京都出身。国士舘大学法学部中退。落語協会所属。 母は小林茂子(後述)。母の父(祖父)は3代目桂三木助。母の弟(叔父)に4代目桂三木助
    8キロバイト (948 語) - 2020年8月1日 (土) 11:11



    (出典 www.mikisuke5th.com)


    5代目、家柄良しの本領発揮、更なる高度な気流へ

    【【落語界のサラブレッド】『桂三木助』】の続きを読む


    三遊亭 好青年(さんゆうてい こうせいねん、1985年10月3日 - )は、スウェーデン出身の落語家である。中央大学の落語研究会出身で、大学卒業後はボルボ(てい) イケ也(や)の名前で落語会に出演。2016年に三遊亭好楽に弟子入りした。 スウェーデン、ウプサラに生まれる。日本のアニメーションや漫画
    4キロバイト (500 語) - 2020年8月1日 (土) 07:57



    (出典 change.asahi.com)



    スウェーデン出身落語家、三遊亭好青年、落語がインターナショナルにまっしぐら

    【【北欧好青年】落語家『三遊亭じゅうべえ 改め好青年』】の続きを読む


    はてなの茶碗はてなのちゃわん)は、古典落語で上方落語演目一つ。東京では「茶金」名で演じられる。 三代目桂米朝が、子供頃にラジオから流れていた二代目桂三木助口演記憶をもとに戦後復活させた。 京都、清水音羽ほとりで、大阪出身油屋男が茶屋で休憩していた。そこに京では有名な茶道具
    4キロバイト (707 語) - 2018年12月29日 (土) 12:11



    (出典 pbs.twimg.com)


    現代の世間話から、いつの間にか本題の演目へ、ひとりで話しているのに幾人かが会話しているような自然な臨場。
    【【爆笑】から『桂米朝 はてなの茶碗』】の続きを読む


    百年目』(ひゃくねんめ)は、落語の演目。元々は上方落語の演目で、のちに東京に移植された。一説には東西とも同じ原話があり偶然に作られたという。3代目桂米朝、2代目桂小文治、2代目桂小南、6代目三遊亭圓生ら大看板が得意とした。 船場のさる大店、「これ、定吉」「これ藤吉」「ああ、幸助どん」と番頭の次兵衛は口やかましく奉公人を叱っている。
    6キロバイト (1,081 語) - 2017年5月28日 (日) 09:10



    (出典 i.ytimg.com)
     


    ひとりで、何人も居るような語りです。


    【【爆笑導入】から『桂米朝 の百年目』】の続きを読む


    天狗裁き』(てんぐさばき)は、古典落語の演目。元々は上方落語の演目の一つである。長編落語『羽団扇』(演じ手は2代目三遊亭円歌など)の前半部分が独立して、一席の落語となった。現在の演出は、上方の3代目桂米朝が発掘・再構成し復活させたものによる。東京では5代目古今亭志ん生が得意とした。
    3キロバイト (613 語) - 2018年7月20日 (金) 11:02



    (出典 i.ytimg.com)


    桂米朝さん、声が若く張りがあって聞き取りやすいです。70歳の頃の高座とは思えません。

    夢を題材とした、「天狗裁き」それにしても笑わせてくれます。

    今風の夢の話で笑わせながら、いつの間にか本題の演目に引き込んでゆきます。実に巧みです。
    【【大爆笑】『三代目桂米朝 が発掘再編の 天狗裁き』】の続きを読む

    このページのトップヘ