アート天国JAPAN

当サイトは、歌舞伎 能 音楽 舞踊 文楽 絵画 文学など に 関する情報の5chやTwitterの声をまとめています。

    絵画


    【長蛇】『伊藤若冲』の展示会


    伊藤 若冲(いとう じゃくちゅう、正徳6年2月8日(1716年3月1日) - 寛政12年9月10日(1800年10月27日))は、近世日本の画家の一人。江戸時代中期の京にて活躍した絵師。名は汝鈞(じょきん)、字は景和(けいわ)。初めは春教(しゅんきょう)と号したという記事があるが、その使用例は見出
    59キロバイト (9,578 語) - 2020年2月15日 (土) 05:10



    (出典 plginrt-project.com)


    若冲 300年後も輝くJAPAN ART

    (出典 Youtube)


    海外でも伊藤若冲の作品の展示会とあれば、長蛇まちがいなし。

    動物をこよなく愛し、特ににわとりの作品が多数ですが、その鶏の匂いまで漂ってくるようです。

    【【長蛇】『伊藤若冲』の展示会】の続きを読む


    【震撼】西洋を!『歌川広重』


    歌川 広重(うたがわ ひろしげ、寛政9年(1797年) - 安政5年9月6日(1858年10月12日)は、江戸時代の浮世絵師。本名は安藤重右衛門。かつては安藤広重(あんどう ひろしげ)とも呼ばれたが、安藤は本姓・広重は号であり、両者を組み合わせて呼ぶのは不適切で、広重自身もそう名乗ったことはない。
    33キロバイト (4,887 語) - 2020年2月9日 (日) 18:20



    (出典 www.moaart.or.jp)


    テレビ番組、美の巨匠たちで、広重の作品の雁の紹介をしていました。

    この雁という作品、よくよく見て観ると、どうも現実世界には通常はない構図だそうで?

    奇想天外と確実なデッサン力が合わさったような絵ということです。

    【【震撼】西洋を!『歌川広重』】の続きを読む


    『草間彌生』円と球


    草間 彌生(くさま やよい、1929年(昭和4年)3月22日 - )は、日本の芸術家。長野県松本市生まれ。 幼い頃から悩まされていた幻覚や幻聴から逃れるために、それらの幻覚・幻聴を絵にし始めた。1957年(昭和32年)に渡米すると絵画や立体作品の制作だけではなくハプニングと称される過激なパフォーマ
    19キロバイト (2,187 語) - 2019年9月11日 (水) 10:21



    (出典 matsumoto-artmuse.jp)

    no title

    円ですべて、それこそ丸めておられる、世界はこの円または球でできていますので

    なるほど、原子の世界までみつめておられたかも。

    【『草間彌生』円と球】の続きを読む


    『加山又造』作品は心に鮮明


    加山 又造(かやま またぞう、1927年9月24日 - 2004年4月6日)は、日本画家、版画家である。 1927年、京都府京都市上京区相国寺東門前町に西陣織の図案家加山勝也の子として生まれる。京都市立美術工芸学校(現京都市立銅駝美術工芸高等学校ならびに京都市立芸術大学)、東京美術学校(現東京芸術
    5キロバイト (646 語) - 2019年12月14日 (土) 08:32



    (出典 i.ytimg.com)


    加山又造

    (出典 Youtube)


    すだれ桜の作品など、どこかで見たことが有り、鮮明に記憶に残っています。

    神社やお寺がたくさんある地元、京都を大変、気に入っておられたようで龍も描いておられ

    深い世界をみつめておられたのですね。

    【『加山又造』作品は心に鮮明に反映】の続きを読む


    『藤城清治』子供たちも、お気に入り


    口コミ評価の高い日本の美術館・博物館ランキング、博物館1位は知覧特攻平和会館、美術館1位は? 口コミ評価の高い日本の美術館・博物館ランキング、博物館1位は知覧特攻平和会館、美術館1位は?
    …ま美術館/広島県広島市5位(12)MOA美術館/静岡県熱海市6位(2)藤城清治美術館/栃木県那須町7位(‐)青森県立美術館/青森県青森市8位(16)大…
    (出典:ライフ総合(@DIME))
    no title

    no title

    宮沢賢治の風の又三郎の影絵をてがけている、テレビ番組を見たことが有ります。

    カトリック教会のステンドグラスのようで天国に通じるような影絵ですね~!

    【『藤城清治』子供たちも、お気に入り】の続きを読む

    このページのトップヘ