アート天国JAPAN

当サイトは、歌舞伎 能 音楽 舞踊 文楽 絵画 文学など に 関する情報の5chやTwitterの声をまとめています。

    古典文学


    紀貫之 (カテゴリ 小倉百人一首の歌人)
    執筆したのは紀淑望)。「やまとうたは人の心を種として、よろづの言の葉とぞなれりける」で始まるこの仮名序は、後代の文学に大きな影響を与えた。また『小倉百人一首』にも和歌が収録されている。理知的分析的歌風を特徴とし、家集『貫之集』を自撰した。 日本文学史上において、少なくとも歌人として最大の敬意を払われ
    9キロバイト (1,122 語) - 2019年11月25日 (月) 20:25



    (出典 www.kaibunsya.jp)


    代表的な歌人100人から、それぞれ1首ずつ歌ってもらい集めてつくられた秀れた歌集



    【【ちはやふる】『小倉百人一首』若い世代に大人気】の続きを読む


    伊勢物語』(いせものがたり)とは、平安初期に成立した歌物語。一巻。作者不詳。『在五が物語』、『在五中将物語』、『在五中将の日記』とも呼ばれる。 定家本によれば全125段からなり、ある男の元服から死にいたるまでを数行程度(長くて数十行、短くて2~3行)の仮名の文と歌で作った章段を連ねることによって
    26キロバイト (3,991 語) - 2020年2月27日 (木) 00:32



    (出典 www.gregorius.jp)



    人間の寿命は永遠ではありません。

    しかし、スピリットは永遠、

    これが常識になりつつあります。

    では、身体の健康もとても重要ですが

    何を優先して生きてゆくか、ということになります。


    【【散る】『伊勢物語』歳をとるも精神が永遠となればめでたい】の続きを読む


    【奇談】『春雨物語』雨月か春雨かどちらを先に読むか


    ザ・ノース・フェイス、スノーピークなど。オンオフ使えるアウドドアブランドの春コート ザ・ノース・フェイス、スノーピークなど。オンオフ使えるアウドドアブランドの春コート
    …突然の雨に降られがちな春は、ビズ顔アウトドアコートが救世主に春雨とは文字通り春に降る雨のことですが、正確には春の時雨を意味します。晴れたと思ったら降り…
    (出典:ライフ総合(LEON.JP))


    春雨物語』(はるさめものがたり)は、上田秋成による小説集。1808年(文化5年)刊。上田秋成(和訳太郎の名義)の処女作『諸道聴耳世間猿』が、当時の実在した人物をモデルにした喜劇が多かったのに対し、本作は悲劇や奇談、教訓と多彩な内容である。 刊本ではなく、写本により伝えられる。(1) 富岡鉄斎旧蔵本(五巻本)(2)
    8キロバイト (1,502 語) - 2019年3月19日 (火) 12:23



    (出典 blog-imgs-124.fc2.com)


    雨月物語とならべられる怪異短編小説集です、

    雨月物語とあわせた本がよく出ています。

    これも、ゲゲゲの鬼太郎の世界、水木しげるが喜びそうな古典です。




    【【奇談】『春雨物語』雨月か春雨かどちらを先に読むか】の続きを読む

    no title
    (出典www.seikeikai.net)
    土佐日記』(とさにっき)とは、平安時代に成立した日記文学のひとつ。紀貫之が土佐国から京に帰る最中に起きた出来事をジョークを交えて綴ったもので、成立は承平5年(934年)頃といわれる。古くは『土左日記』と表記されていた。 日本文学史上、おそらく初めての日記文学である。紀行文に近い要素をもっており、
    17キロバイト (2,431 語) - 2020年1月8日 (水) 05:59



    (出典 www.kochi-johaku.jp)


    土佐日記 朗読

    (出典 Youtube)

    男性が女性の目線で綴った日記です。作者の紀貫之はちょっと風変わり、

    環境がそうさせるのでしょうか。

    それとも、紀貫之は愛娘を亡くしていますので、その娘の目線で日記をつづったかもしれません。

    その子を偲びながら。





    【【温暖】『土佐日記』どこまでも広がる海と空、暖かい】の続きを読む


    【怪異】『雨月物語』 読者よ悟れ


    雨月物語』(うげつものがたり)は、上田秋成によって江戸時代後期に著わされた読本(よみほん)作品。 5巻5冊。明和5年(1768年)序、安永5年(1776年)刊。日本・中国の古典から脱化した怪異小説9篇から成る。近世日本文学の代表作で、現代でも引用されることが多い(→#派生作品)。 『雨月物語
    64キロバイト (11,658 語) - 2020年3月17日 (火) 12:44



    (出典 www.dailysunny.com)


    人も死ねば、浜に散らばっている貝殻のようになってしまいます。

    身体のことではありますが、しかし人間はそれだけの存在なのだろうかと思います。

    この物語の怪異現象を通して、何に価値をおいて生きてゆくかを改めさせられます。

    いわゆる、死生観でしょうか。

    【【怪異】『雨月物語』 読者よ悟れ】の続きを読む

    このページのトップヘ