アート天国JAPAN

当サイトは、歌舞伎 能 音楽 舞踊 文楽 絵画 文学など に 関する情報の5chやTwitterの声をまとめています。

    文豪 


    五輪』(ごりんしょ)は、宮本武蔵著した兵法武蔵代表的な著作であり、剣術奥義をまとめたといわれる。 寛永20年(1643年)から死直前正保2年(1645年)にかけて、熊本県熊本市近郊金峰山にある霊巌洞で執筆されたとされる。 自筆本である原本は焼失したと伝えられる。写本は細川家本を
    6キロバイト (864 語) - 2020年2月13日 (木) 00:33



    (出典 www.kumamoto-monogatari.com)


    悟りの書とも言えるのでは。

    死を目前にひかえている武蔵にとって、剣豪として百戦錬磨であったことなど、誇っても意味のないことであったと思います。

    【【五輪の書】『宮本武蔵』】の続きを読む

    【許し】『暗夜行路』の彼方にみえる明り
    暗夜行路』(あんやこうろ)は、志賀直哉の小説である。雑誌「改造」に1921年(大正10年)1月号から8月号まで前編、1922年(大正11年)1月号から1937年(昭和12年)4月号まで断続的に後編を発表した。志賀直哉唯一の長編小説で、晩年の穏やかな心境小説の頂点に位置づけられる作品である。4部構成。
    8キロバイト (1,223 語) - 2020年3月6日 (金) 05:58



    (出典 livedoor.sp.blogimg.jp)

    祖父と母親との関係によって自分は生まれた、悩む時任謙作

    旧約聖書に記録されている古代イスラエル最盛期を築いた卓越した政治能力を持つ知恵者ソロモン王

    このソロモンが出生するまでの事情をご存知でしょうか。

    父親のダビデ、母はバト・シェバ、この母は部下の妻だったのですが、彼女が行水中のところを見てしまい、あまりにも美しくて心を奪われ、部屋に呼び寄せて関係を結んでしまいます。
    そして、身ごもるのですが、それがソロモンだったのです。

    不貞を隠す為に父ダビデは、彼女の夫ウリヤをあえて戦闘の最前線に送り、戦死させてしまいます。

    そうして、産まれたソロモンも歴史に残る偉大な王様になったのです。

    神も良しとしていたようです。いったいどういうことなのか神のみぞ知るです。

    いかに生まれようが、気がついたら自分がいたのですから、生まれた本人には、これに関しては責任がありません。

    【【許し】『暗夜行路』の彼方にみえる明り】の続きを読む


    【悲し】『吾輩は猫である』ラストがなんとも・・・


    である珍野苦沙弥の家に飼われている猫である吾輩」の視点から、珍野一家や、そこに集う彼の友人や門下の書生たち、「太平の逸民」(第二話、第三話)の人間模様が風刺的・戯作的に描かれている。 着想、E.T.A.ホフマンの長編小説『牡ムルの人生観』と考えられている。 また『吾輩は猫である』の構成
    32キロバイト (4,469 語) - 2020年2月3日 (月) 23:11



    (出典 www.ehonnavi.net)



    この猫、最後おぼれ死ぬとき、悟ったように、死んで太平を得る、と言う。

    漱石の思いだったようにも想えます。

    夏目漱石も50歳で胃病が原因で他界してしまいますが、自殺でなくてよかった。

    天寿を全うして、死んで平安を得られるのではと感じます。

    【【悲し】『吾輩は猫である』ラストがなんとも・・・】の続きを読む


    【寂し】『こころ』の負債に悩む


    こゝろ (カテゴリ 夏目漱石の小説)
    『こゝろ』(新仮名: こころ)は、夏目漱石の長編小説。漱石の代表作の一つ。1914年(大正3年)4月20日から8月11日まで、『朝日新聞』で「心 先生の遺書」として連載され、同年9月に岩波書店より漱石自身の装丁で刊行された。なお、自費出版という形式ではあるが、この作品が岩波書店にとって出版社として
    12キロバイト (1,718 語) - 2020年1月8日 (水) 00:21



    (出典 momiageryo.com)


    過去の心の負債が大きい人は、どことなく雰囲気に愁いがあります。

    それだけ、善良なこころを持っているかのかも知れません。


    【【寂し】『こころ』の負債に悩む】の続きを読む


    【純朴学生】『三四郎』これは大学ライフです。


    『青年』(せいねん)は、森鴎外の長編小説。1910年3月から翌年8月まで「スバル」に連載。 一青年の心の悩みと成長を描き、利他的個人主義を主張した作品。夏目漱石の『三四郎』(1908年新聞連載)に影響されて書かれたもので、ともに青春小説の代表作。 作家志望の小泉純一は上京すると、著名作家のもとを訪ねたり、親し
    2キロバイト (266 語) - 2017年2月21日 (火) 06:40



    (出典 i.pinimg.com)


    100年前の大学生の三四郎と同じような大学生活をおくって悩んでいる学生が多いかも、学生たちの、心の動きの世界は昔とあまり変わっていないと想います。

    学生は特に、感情移入できます。

    漱石自体が大学の頃、抱いた感情体験が有ったので心を動かすこの作品が出来上がったと感じます。

    【【純朴学生】『三四郎』これは大学ライフです。】の続きを読む

    このページのトップヘ