アート天国JAPAN

当サイトは、歌舞伎 能 音楽 舞踊 文楽 絵画 文学など に 関する情報の5chやTwitterの声をまとめています。

    芥川龍之介


    【闇の中】であり『藪の中』でもある


    藪の中」(やぶなか)は、芥川龍之介短編小説。初出は「新潮」1月号(1922年)、初刊は「将軍」(1922年)。複数視点から同一事象を描く内的多元焦点化(ジュネット)手法がとられ、殺人と強姦という事件をめぐって4人目撃者と3人当事者が告白する証言
    17キロバイト (2,537 語) - 2020年3月1日 (日) 03:14



    (出典 pro.bookoffonline.co.jp)


    黒澤明の映画『羅生門』では、この『藪の中』が軸となって物語が進んでいきます。

    アレンジされているシーンですが、巫女に乗り移った自分が殺したと自白する霊。

    霊も嘘をついていると感じました、これは印象深かったです。

    結局、誰が殺したのかわからないのです。




    【【闇の中】であり『藪の中』でもある】の続きを読む


    荒木飛呂彦 - 川端康成『伊豆の踊子』 浅田弘幸 - 中原中也『汚れつちまつた悲しみに』 小畑健 - 芥川龍之介『地獄変』 小畑健 - 夏目漱石『こころ』 2009年 久保帯人 - 芥川龍之介『地獄変』 久保帯人 - 坂口安吾『堕落論』 許斐剛 - 太宰治『走れメロス』 2010年 浅田弘幸 -
    5キロバイト (643 語) - 2020年3月4日 (水) 13:31



    (出典 i.ytimg.com)




    ちょとしたいたずら書きをしたばかりに、大騒ぎに発展、だが
    思いもしない、結末が現実としてやってくる。

    【【風評】『竜』悪戯がとんでもないことに】の続きを読む


    【覚醒】『杜子春』たとえ全世界をもうけても


    『伝奇』三巻の題名が一般化して、唐の小説を伝奇と総称するようになったといわれる。また、これらを元にした後代の作品を呼ぶこともある(芥川龍之介杜子春」など)。 六朝時代(222-589年)の志怪小説では超自然的な怪異譚や逸話を記録として梗概程度に記していた、もともとの「小説(とるにたらな
    29キロバイト (4,958 語) - 2020年1月16日 (木) 00:31



    (出典 blogimg.goo.ne.jp)


    自分の親や兄弟、子供を大切にしなさいということでしょうか

    労苦の果て、超能力を持つ仙人になれたとしてもそれは永遠ではないですし、最後は消え失せます。

    この作品は、現代の我々の話です。

    仕事で成功を収めるのは大事ですが、その結果、家族と疎遠になったら元も子もないです。

    私の実感です。

    【【覚醒】『杜子春』たとえ全世界をもうけても】の続きを読む


    【狂気】『地獄変』凄惨すぎて読むにたえない

    no title
    (出典bloging.goo.ne.jp)
    松田龍平、芥川龍之介役は「一人の男として何を思うのかを考えながら演じました」<ストレンジャー> 松田龍平、芥川龍之介役は「一人の男として何を思うのかを考えながら演じました」<ストレンジャー>
    …日本を代表する文豪として、誰もがその名前を知る芥川龍之介。その彼がすでに「羅生門」、「鼻」、「地獄変」などを発表し、文壇の寵児(ちょうじ)として一躍名…
    (出典:エンタメ総合(ザテレビジョン))


    自分の娘が焼かれる姿を見て、絵を描くのですから、さぞかし凄い作品ができ上ったとおもいます。

    こういったことを人はやりかねないから恐ろしい。

    ひょっとして芥川龍之介に、これに似た狂気が時々湧いていたかもしれません。

    これに似た、事件を覚えていますが、今でも心が痛みます。

    【【狂気】『地獄変』凄惨すぎて読むにたえない】の続きを読む


    【巧妙】『煙草と悪魔』悪魔の戦略


    煙草と悪魔』(旧字『煙草と惡魔』、たばこあくま)は、芥川龍之介の短編小説。1916年(大正5年)11月に『新思潮』誌上にて発表された。 同名の単行本は1917年に新潮社より出版された。芥川の小説におけるジャンル「切支丹物」のひとつ。煙草を日本に広めたのは悪魔
    6キロバイト (928 語) - 2019年9月16日 (月) 01:56



    (出典 i.ytimg.com)




    悪魔は実に巧妙に人を不幸に落とそうとしますから、

    煙草の弊害と中毒性を考えると悪魔が日本に持ってきたとも言えなくはありません。

    【【巧妙】『煙草と悪魔』悪魔の戦略】の続きを読む

    このページのトップヘ