アート天国JAPAN

当サイトは、歌舞伎 能 音楽 舞踊 文楽 絵画 文学など に 関する情報の5chやTwitterの声をまとめています。

    宮沢賢治



    (出典 userdisk.webry.biglobe.ne.jp)



    カイロ団長」(カイロだんちょう)は宮沢賢治の短編小説(寓話)。生前未発表の作品である。 あるとき三十疋(ぴき)のあまがえるたちが、一緒に面白く仕事をしていた。彼らの仕事は虫仲間から頼まれ、木の実や花を集めたり、立派な庭を造ったりすることだった。ある日彼らはたまたま通りかかった道で「舶来ウェスキイ」
    2キロバイト (389 語) - 2018年8月13日 (月) 03:09



    (出典 shop.r10s.jp)


    カイロ団長からの仕打ちもなんのその、うらむでなく、仲良くやって行こうで、賑やかなラスト

    【【陽気】『カイロ団長』は暴君だか】の続きを読む


    【見栄】『土神と狐』女性に好かれたいがために


    土神と狐」(つちがみきつね)は宮沢賢治の短編童話。賢治が亡くなった翌年(1934年)に発表された作品である。好きな女性のために嘘をついてしまうへの嫉妬に苦しむ土神とが、悲しい結末を迎えるまでを描く。 一本木の野原に一本の樺の木(女性に擬人化されている)が生えていた。樺の木には、近くの谷
    4キロバイト (666 語) - 2019年6月2日 (日) 11:01



    (出典 i.pinimg.com)


    悪気はなかったけど見栄を言ったばかりに、それが命取りになってしまった。

    【【見栄】『土神と狐』女性に好かれたいがために】の続きを読む


    【中国人】『山男の四月』シナ人、気の毒


    賢治出身地である岩手県に伝わる山男をモチーフとした作品である。賢治童話ではほかに「山男の四月」や「紫紺染について」・「さるこしかけ」・「種山ヶ原」に山男が登場する。 山の神祭り晩、亮二(りょうじ)は十五銭をもらうと、お旅屋(おたびや)に出かける。見世物小屋では「空気獣」という
    6キロバイト (1,215 語) - 2019年6月23日 (日) 14:57



    (出典 image.yodobashi.com)


    自分をおとしめたシナ人を気の毒におもう。

    宮沢賢治の作品らしいと思います。

    【【中国人】『山男の四月』シナ人、気の毒】の続きを読む


    【心痛い】『黄色いトマト』ハチスズメとの会話



    (出典 www.ehonnavi.net)



    ちょっと切ない話ですが、でもハチスズメがずっと兄妹を見ていてかわいそうに思っていてくれて、それがありがたいです。

    私たちも、ハチスズメでないけれど、お天道様は人間界のあらゆるでき事をご存知かも


    【【心痛い】『黄色いトマト』ハチスズメとの会話】の続きを読む


    【ほのぼの】『どんぐりと山猫』動物や自然との会話


    どんぐりと山猫』(どんぐりとやまねこ)は、宮沢賢治の童話である。賢治が生前に出版した唯一の作品集『注文の多い料理店』に収録されている。 作品は賢治、及川四郎および発行人である近森善一の協力によって刊行された『注文の多い料理店』に収録され、自費出版に近いかたちで発行された。当時はあまり評価されなかった作品である。
    7キロバイト (1,195 語) - 2019年5月30日 (木) 06:48



    (出典 i.ytimg.com)


    一郎が山猫に会いに行く道すがらも楽しいです、どんぐりの木などが親切に山猫の行った方を教えてくれます。

    一郎はそれらと人との間のように普通に話しています。

    ところで、東北には昔、山猫がいたのだろうか、思ってしまいます。

    日本の山猫は、対馬と西表島に生息しているだけですが。

    注文の多い料理店にも山猫が出てきました。

    そして狐のように人をだましたりします?

    変わった童話ですが、一番重要なことを教えられます。






    【【ほのぼの】『どんぐりと山猫』動物や自然との会話】の続きを読む

    このページのトップヘ