アート天国JAPAN

当サイトは、歌舞伎 能 音楽 舞踊 文楽 絵画 文学など に 関する情報の5chやTwitterの声をまとめています。

    遠藤周作


    【虚栄心】『侍』私は神を信じている


    』(さむらい)は、遠藤周作の小説である。1980年に純文学書き下ろし作品として新潮社より単行本が刊行され、1986年に新潮文庫版が刊行された。野間文芸賞受賞作である。 東北のとある藩の下級武士が主人公の長編小説である。 藩主の命により、主人公が通訳兼案内人の宣教師・ベラスコに伴われて、異国への長
    2キロバイト (262 語) - 2020年1月20日 (月) 16:12



    (出典 images-fe.ssl-images-amazon.com)


    クリスチャンの自覚のもと、人を裁くキリスト教徒もなかにはいます。

    いつの間には傲慢になってそれに気が付かないキリスト教徒もいるようです。

    神は人を裁くとう概念をお持ちではないと思います。

    【【虚栄心】『侍』私は神を信じている】の続きを読む


    【ユビキタス】『遠藤周作 深い河』ガンジス川のほとりで


    深い河』(ディープリバー)は、1993年に発表された遠藤周作の小説。また、これを原作とした1995年の日本映画。タイトルの『深い河』または“Deep River”というと、一般には黒人霊歌「深き」で出てくるガンジス川のことである。 遠藤が70歳の時に発表された。遠藤
    18キロバイト (3,032 語) - 2019年11月13日 (水) 12:53



    (出典 images-fe.ssl-images-amazon.com)


    神様はどこにも遍在することができる唯一の存在のはずです。

    どの宗教を信じているかは関係がありません。

    俳優の緒形拳が聖なる河と言われるガンジス川を旅しているテレビ番組を観たことがあります。

    その川辺で遺体があらわになったまま、火葬されている光景をみました。

    まわりの人は、それを気にすることなく、水で清めをおこなっているのです。

    その方々と日本に住んでいる我々とは、かなり価値観が違うのではないかと思います。

    緒形拳は、神妙な表情でながめていました。

    私は改めて自覚しました、いつか当然のことながら身体は消え去る、このことを。

    実際にその火葬の光景をみた緒形拳はなおさらだったと思います。

    【【ユビキタス】『遠藤周作 深い河』ガンジス川のほとりで】の続きを読む


    【なぜ】『沈黙』どうしてだ悲しい現実をこのままにしておかれるのだろう


    沈黙』(ちんもく)は、遠藤周作が17世紀の日本の史実・歴史文書に基づいて創作した歴史小説。1966年に書き下ろされ、新潮社から出版された。江戸時代初期のキリシタン弾圧の渦中に置かれたポルトガル人の司祭を通じて、神と信仰の意義を命題に描いた。第2回谷崎潤一郎賞受賞作。この小説で遠藤
    21キロバイト (2,868 語) - 2020年3月27日 (金) 03:53



    (出典 setsugaku.com)


    遠藤周作『沈黙』

    (出典 Youtube)


    神に祈り、救いが起こらなかったしても神が存在しないとは言えません。

    神も安易に手を下せない、沈黙せざるを得ない深い理由が有るのかも知れません。

    【【なぜ】『沈黙』どうしたのだろう、悲しい現実をこのままにしておかれて】の続きを読む

    このページのトップヘ