アート天国JAPAN

当サイトは、歌舞伎 能 音楽 舞踊 文楽 絵画 文学など に 関する情報の5chやTwitterの声をまとめています。

    三島由紀夫



    (出典 upload.wikimedia.org)





    (出典 cdn.thestandnews.com)


    no title
    (出典 www.cinra.net)
    令和にみる三島由紀夫の世界 美に対する燃え上がる“嫉妬心” 「金閣寺」(1976年)
    令和にみる三島由紀夫の世界 美に対する燃え上がる“嫉妬心” 「金閣寺」(1976年)
    …。その答えを探すため、映画化された三島作品に触れてみたい。 『金閣寺』は、50年7月2日未明、21歳の僧侶が金閣寺に放火した実際の事件にヒントを得たこ…
    (出典:エンタメ総合(夕刊フジ))


    金閣寺』(きんかくじ)は、三島由紀夫の長編小説。三島の最も成功した代表作というだけでなく、近代日本文学を代表する傑作の一つと見なされ、海外でも評価が高い作品である。金閣寺の美に憑りつかれた学僧が、それに放火するまでの経緯を一人称告白体の形で綴ってゆく物語で、戦中戦後の時代を背景に、重度の吃音症の
    63キロバイト (9,740 語) - 2020年4月4日 (土) 00:09


    脚色はしていますが、概ね事件の本当のありさまと一致している感じます。


    【【嫉妬】『金閣寺』実際に取材】の続きを読む


    美しい星』(うつくしいほし)は、三島由紀夫の長編小説。三島文学の中では異色のSF的な空飛ぶ円盤や宇宙人を取り入れた作品で、執筆当時の東西冷戦時代の核兵器による人類滅亡の不安・世界終末観を背景に、宇宙的観点から見た人間の物語を描いている。読みどころとなっている作中後半の、人類滅亡を願う宇宙人と、滅
    71キロバイト (10,992 語) - 2020年3月28日 (土) 10:29



    (出典 cinemagene.com)



    日本にとどまらず、世界まで憂いていたのか、三島由紀夫は。どこまで心配性なのだろう。

    【【映画化】三島由紀夫のSF小説『美しい星』】の続きを読む


    【出発】『花ざかりの森』本名平岡公威から三島由紀夫として出発の作品


    三島由紀夫の50年たどる 富山・隠し文学館 三島由紀夫の50年たどる 富山・隠し文学館
    三島由紀夫の没後50年を記念した企画展「三島由紀夫の歌舞伎展」の内覧会が28日、富山市向新庄町2丁目の「隠し文学館 花ざかりの森」(杉田欣次館長)で…
    (出典:富山(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ))


    花ざかりの森』(はなざかりのもり)は、三島由紀夫の短編小説(中編小説とみなされることもある)。全5章から成る。三島が16歳の時に執筆した作品で、校外の全国同人誌に掲載され、公に出版された初めての小説である。話者である「わたし」の祖先をめぐる4つの挿話から成り、一貫したストーリーというものはなく、
    41キロバイト (6,296 語) - 2019年10月4日 (金) 10:30



    (出典 auctions.afimg.jp)


    花ざかりの森

    (出典 Youtube)


    平岡公威、読み方はヒラオカキミタケと読みます。

    いかにも愛国者というイメージを持つ響きがある名前です。

    【【出発】『花ざかりの森』本名平岡公威から三島由紀夫として出発の作品】の続きを読む


    【記念日】『憂国』11月25日


    憂国』(ゆうこく)は、三島由紀夫の短編小説。原題は旧漢字の『憂國』である。仲間から決起に誘われなかった新婚の中尉が、叛乱軍とされた仲間を逆に討伐せねばならなくなった立場に懊悩し、妻と共に心中する物語。三島の代表作の一つで、二・二六事件の外伝的作品である。1961年(昭和36年)1月の小説発表の4年
    45キロバイト (6,496 語) - 2019年10月11日 (金) 01:51



    (出典 blogimg.goo.ne.jp)


    三島由紀夫 最後の演説

    (出典 Youtube)


    二・二六事件を背景にした作品である。

    この作品から、日本を何とかしなければならないという、三島由紀夫の心情が痛切に伝わってきます。

    【【記念日】『憂国』11月25日】の続きを読む


    【同性愛】『仮面の告白』自分の告白


    仮面の告白』(かめんこくはく)は、三島由紀夫2作目長編小説。三島書き下ろし小説である。大きな成功をおさめた代表作で自伝的作品でもある。人と違う性的傾向に悩み、生い立ちから自分を客観的に生体解剖していく「私」の告白物語。自身性的志向へ自覚と、男女愛へ
    49キロバイト (7,563 語) - 2019年11月27日 (水) 04:03



    (出典 i.ytimg.com)


    同性愛、これだけは、不自然の極みだと思いますが、

    ただ
    異性よりも同姓に関心があり、異性に全く心が向かない方が実際おられること事実です。

    三島由紀夫は、いかにも関心が女性よりも男にありそうな感じがしますが、

    それでも結婚されて子どもをもうけておられます。

    自分の心の動向がどうであれ、何が正しいのかよくわかっておられたと思います。

    【【同性愛】『仮面の告白』自分の告白】の続きを読む

    このページのトップヘ