アート天国JAPAN

当サイトは、歌舞伎 能 音楽 舞踊 文楽 絵画 文学など に 関する情報の5chやTwitterの声をまとめています。

    夏目漱石


    【悲し】『吾輩は猫である』ラストがなんとも・・・


    である珍野苦沙弥の家に飼われている猫である吾輩」の視点から、珍野一家や、そこに集う彼の友人や門下の書生たち、「太平の逸民」(第二話、第三話)の人間模様が風刺的・戯作的に描かれている。 着想、E.T.A.ホフマンの長編小説『牡ムルの人生観』と考えられている。 また『吾輩は猫である』の構成
    32キロバイト (4,469 語) - 2020年2月3日 (月) 23:11



    (出典 www.ehonnavi.net)



    この猫、最後おぼれ死ぬとき、悟ったように、死んで太平を得る、と言う。

    漱石の思いだったようにも想えます。

    夏目漱石も50歳で胃病が原因で他界してしまいますが、自殺でなくてよかった。

    天寿を全うして、死んで平安を得られるのではと感じます。

    【【悲し】『吾輩は猫である』ラストがなんとも・・・】の続きを読む


    【寂し】『こころ』の負債に悩む


    こゝろ (カテゴリ 夏目漱石の小説)
    『こゝろ』(新仮名: こころ)は、夏目漱石の長編小説。漱石の代表作の一つ。1914年(大正3年)4月20日から8月11日まで、『朝日新聞』で「心 先生の遺書」として連載され、同年9月に岩波書店より漱石自身の装丁で刊行された。なお、自費出版という形式ではあるが、この作品が岩波書店にとって出版社として
    12キロバイト (1,718 語) - 2020年1月8日 (水) 00:21



    (出典 momiageryo.com)


    過去の心の負債が大きい人は、どことなく雰囲気に愁いがあります。

    それだけ、善良なこころを持っているかのかも知れません。


    【【寂し】『こころ』の負債に悩む】の続きを読む


    【純朴学生】『三四郎』これは大学ライフです。


    『青年』(せいねん)は、森鴎外の長編小説。1910年3月から翌年8月まで「スバル」に連載。 一青年の心の悩みと成長を描き、利他的個人主義を主張した作品。夏目漱石の『三四郎』(1908年新聞連載)に影響されて書かれたもので、ともに青春小説の代表作。 作家志望の小泉純一は上京すると、著名作家のもとを訪ねたり、親し
    2キロバイト (266 語) - 2017年2月21日 (火) 06:40



    (出典 i.pinimg.com)


    100年前の大学生の三四郎と同じような大学生活をおくって悩んでいる学生が多いかも、学生たちの、心の動きの世界は昔とあまり変わっていないと想います。

    学生は特に、感情移入できます。

    漱石自体が大学の頃、抱いた感情体験が有ったので心を動かすこの作品が出来上がったと感じます。

    【【純朴学生】『三四郎』これは大学ライフです。】の続きを読む


    【無鉄砲】『坊ちゃん』まず動くでまっしぐら



    (出典 kbimages1-a.akamaihd.net)



    坊ちゃんと言われていたのだから、裕福な名家に生まれ育ってので、自由奔放な性格が根付いたと考えられますが、憧れます。

    小学生の頃、会社社長の息子の友人がいましたがその友達は、その会社の雇人から、坊ちゃんと呼ばれていました。

    親が社長だと、その息子は、坊ちゃんと呼ばれるものだと思っていました。

    この小説の坊ちゃんにちょっと似ていて気が良い友達でした。

    【【無鉄砲】『坊ちゃん』まず動くでまっしぐら】の続きを読む


    文鳥」は夏目漱石の小説である。1908年(明治41年)6月13日から21日に、『大阪朝日新聞』に掲載され、『ホトトギス』の明治41年10月号に転載された。1910年(明治43年)5月、「夢十夜」「永日小品」「満韓ところどころ」とともに春陽堂刊の『四篇』に収められ、出版された。
    4キロバイト (623 語) - 2019年9月27日 (金) 10:57



    (出典 tamanegi-tsu-sin.cocolog-nifty.com)


    (出典 Youtube)



    (出典 Youtube)

    それぞれの小説が「こんな夢を見た」で始まる。どこかで聞いたことのあるフレーズ、それは黒澤明の映画『』です。この映画も幾つかの短編映画で構成されています。 【【おぼろげ】『文鳥夢十夜』こんな夢を見た】の続きを読む

    このページのトップヘ