アート天国JAPAN

当サイトは、歌舞伎 能 音楽 舞踊 文楽 絵画 文学など に 関する情報の5chやTwitterの声をまとめています。

    幸田露伴


    努力(どりょく)とは、目標を実現するために、心や身体を使ってつとめること。 努力とは、目標を掲げ、そこに到達するために邁進することである。 日本の小説家・幸田露伴は著書『努力論』で、自分の《人生の目的》を明らかにすることの大切さを説いた。 米国の発明家であるトーマス・エジソンは、「天才とは1% の直感と、99%
    6キロバイト (941 語) - 2020年1月25日 (土) 03:15



    (出典 pds.exblog.jp)


    正しい方向に、継続して努力を重ね、あきらめなければ成功する、これは科学です,量子論の世界になります。途中結果は見えなくても具体化の為のエネルギーは見えない形で蓄積されているからです。結果がでなくても継続して努力するには忍耐がいりますが、その期間が成功するかどうかの瀬戸際になります。
    と自分に言い聞かせています。
    【【継続】『努力論』成功の為のエネルギーとは】の続きを読む


    (出典 i.ytimg.com)
    日ロ首脳会談に想う――「ニコライ堂」に見るロシアとのつきあい方
    日ロ首脳会談に想う――「ニコライ堂」に見るロシアとのつきあい方
    …あり、本格的な洋風建築として、周囲の木造住宅を圧倒したに違いない。幸田露伴の『五重塔』は、腕のいい大工が困難を乗り越えて塔の建設に挑む話だが、ニコライ…
    (出典:社会(THE PAGE))


    五重塔』(ごじゅうのとう)は幸田露伴の1892年(明治25年)の小説。最初は新聞『国会』に連載された。 腕はあるが愚鈍な性格から世間から軽んじられる「のっそり」こと大工の十兵衛。しかし谷中感応寺に五重塔が建立されることを聞いたときから、一生に一度あるかないかの、その仕事をやり遂げたいという熱望に
    12キロバイト (1,863 語) - 2019年11月27日 (水) 00:44



    (出典 i.ytimg.com)


    五重塔の建築にたずさわることは仕事というより芸術の世界ですので、それはやりがいがあり、喜びでしよう。

    すべての人は創造性を発揮して芸術の境地で生きて行くのが本来だと想います。

    それこそ、仕事はAIにゆだねて。
    【【芸術】『五重塔』の建築は仕事ではない】の続きを読む

    このページのトップヘ