【ホッとする】『怪人二十面相』日本ナンバーワン大ヒット


江戸川乱歩「怪人二十面相」の舞台に 昭和初期の香り漂う「東京ステーションホテル」の魅力とは 江戸川乱歩「怪人二十面相」の舞台に 昭和初期の香り漂う「東京ステーションホテル」の魅力とは
…ネームは江戸川コナン。もちろんコナン・ドイルと日本を代表する推理作家、江戸川乱歩から取られたものです。 最近、ホームドラマ『時間ですよ』『寺内貫太郎一…
(出典:ライフ総合(アーバン ライフ メトロ))


怪人二十面相(かいじんにじゅうめんそう)は、江戸川乱歩の創作した架空の大怪盗。 1936年(昭和11年)に『怪人二十面相』で初登場し、乱歩作品では1962年(昭和37年)まで、おもに少年少女向け探偵小説『少年探偵シリーズ』に登場した。またの名を「怪人十面相」。日本人で、本名は遠藤平吉(えんどう へいきち)。
64キロバイト (10,744 語) - 2020年1月11日 (土) 13:19



(出典 i.pinimg.com)


安心して読めます、子供も

面白いが、不快になるほど気味が悪い異様な作品がほとんど、世間の批判もあり

江戸川乱歩氏も、これではいかんと思ったのでしょう。

結果、この作品は推理小説として老若男女問わず読まれる、国民的シリーズになりました。


【【ホッとする】『怪人二十面相』日本ナンバーワン大ヒット】の続きを読む