アート天国JAPAN

当サイトは、歌舞伎 能 音楽 舞踊 文楽 絵画 文学など に 関する情報の5chやTwitterの声をまとめています。

    井伏鱒二


    【安住】『山椒魚』それでもしあわせ


    山椒魚」(さんしょううお)は、井伏鱒二の短編小説。成長しすぎて自分の棲家である岩屋から出られなくなってしまった山椒魚の悲嘆をユーモラスに描いた作品で、井伏の代表的な短編作品である。井伏の学生時代の習作「幽閉」(1923年)を改稿したもので、1929年、同人雑誌『文芸都市』5月号に初出、その後作品集
    43キロバイト (7,195 語) - 2019年6月2日 (日) 05:44



    (出典 kazukazumyphotodiary.up.seesaa.net)


    山椒魚の朗読 女子編

    (出典 Youtube)


    この作品の意味するところは、知識がたくさんあって頭でっかちになると身動きできなくなってしまう、

    これもありますが

    狭い場所でも、自分次第で楽しみを見つけることができ安住の世界とすることができる、これも意味していると思います。

    【【安住】『山椒魚』それでもしあわせ】の続きを読む



    島全域が天然記念物に指定されているため、東京都より許可を得た者のみが上陸できる。 井伏鱒二『ジョン万次郎漂流記』 1937年 織田作之助『漂流』 1942年 新田次郎『孤島』 1955年 新田次郎『火の島』 1966年 吉村昭『漂流』 1976年 漂流 1981年 池内博之の漂流アドベンチャー 黒潮に乗って奇跡の島へ - NHKのドキュメンタリー
    13キロバイト (1,812 語) - 2020年4月6日 (月) 19:44



    (出典 www.kosho.or.jp)



    (出典 youtube)

    中学校の時、ジョン万次郎の伝記を読んで海外に行って仕事をしてみたいと、心が高鳴りました。

    ジョン万次郎、この響きが良いです。
    【【異国】『ジョン万次郎漂流記』海外へのあこがれ】の続きを読む


    【悲惨】『黒い雨』アメリカ人に読んでもらいたい


    加茂町立山野小学校 加茂町立山野北小学校 - 福山市に編入された後の2002年に過疎化で児童数が減少したため休校した。 加茂町立加茂中学校 加茂町立広瀬中学校 加茂町立山野中学校 広島県立自彊高等学校 井伏鱒二 - 「黒い雨」「山椒魚」などで知られる小説家。 広島県の廃止市町村一覧 加茂市 加茂町
    4キロバイト (478 語) - 2019年5月28日 (火) 05:50



    (出典 setsugaku.com)


    戦後、日本はアメリカにも助けられました。キリスト教国家だけあります。

    ただ、戦時中、民間に手を下しました、いくら何でもこれは避けるべきであったと常々、考えています。

    広島、長崎の原爆投下に限らず。

    それだけ、日本を恐れていたとも考えられます。

    【【悲惨】『黒い雨』アメリカ人に読んでもらいたい】の続きを読む

    このページのトップヘ