天平の甍』(てんぴょういらか)は、井上靖歴史小説。初刊は中央公論社で1957年12月に刊行(現・新潮文庫、改版2005年)。作者は訪中後に加筆している。芸術選奨受賞作。 遣唐使(第9次)で大陸に渡った留学僧たち。高僧を招くという使命を受け、後に鑒眞(鑑真)と会う普照と栄叡を軸とした若い留学僧たちの運命を描く。
6キロバイト (537 語) - 2020年3月13日 (金) 07:08



(出典 images-na.ssl-images-amazon.com)


天平の甍

(出典 Youtube)


高僧鑑真を日本に招く為に中国に行く、まさに命がけ、帰りも命がけ当時の若い留学僧たちには頭が下がります。

招かれたがゆえ、たいへんな苦労をして日本のため海を渡って来た中国の鑑真、それも命がけ

映画にもなりました。



【【生死】『天平の甍』 任務に燃える遣唐使】の続きを読む