アート天国JAPAN

当サイトは、歌舞伎 能 音楽 舞踊 文楽 絵画 文学など に 関する情報の5chやTwitterの声をまとめています。

    志賀直哉

    【許し】『暗夜行路』の彼方にみえる明り
    暗夜行路』(あんやこうろ)は、志賀直哉の小説である。雑誌「改造」に1921年(大正10年)1月号から8月号まで前編、1922年(大正11年)1月号から1937年(昭和12年)4月号まで断続的に後編を発表した。志賀直哉唯一の長編小説で、晩年の穏やかな心境小説の頂点に位置づけられる作品である。4部構成。
    8キロバイト (1,223 語) - 2020年3月6日 (金) 05:58



    (出典 livedoor.sp.blogimg.jp)

    祖父と母親との関係によって自分は生まれた、悩む時任謙作

    旧約聖書に記録されている古代イスラエル最盛期を築いた卓越した政治能力を持つ知恵者ソロモン王

    このソロモンが出生するまでの事情をご存知でしょうか。

    父親のダビデ、母はバト・シェバ、この母は部下の妻だったのですが、彼女が行水中のところを見てしまい、あまりにも美しくて心を奪われ、部屋に呼び寄せて関係を結んでしまいます。
    そして、身ごもるのですが、それがソロモンだったのです。

    不貞を隠す為に父ダビデは、彼女の夫ウリヤをあえて戦闘の最前線に送り、戦死させてしまいます。

    そうして、産まれたソロモンも歴史に残る偉大な王様になったのです。

    神も良しとしていたようです。いったいどういうことなのか神のみぞ知るです。

    いかに生まれようが、気がついたら自分がいたのですから、生まれた本人には、これに関しては責任がありません。

    【【許し】『暗夜行路』の彼方にみえる明り】の続きを読む


    【不憫】『小僧の神様』実際、目にしたことが題材


    小僧の神様」(こぞうかみさま)は、1920年(大正9年)に雑誌「白樺」にて発表された志賀直哉短編小説である。この作品がきっかけで志賀は「小説の神様」と呼ばれるようになるほど知名度を上げる。 神田秤屋で奉公をしている仙吉(小僧)は、番頭達話で聞いた鮨屋に行ってみたいと思っていた。ある時、使い
    5キロバイト (682 語) - 2019年7月30日 (火) 02:12



    (出典 bunreki.com)


    困ったときは、誰かが助けてくれる、この想いを持っていることは、一面、良いことだと思います。

    お店に来てお金が足らないことに気が付き、これでは食べられないと分かって帰ってゆく子がいたら何とかしてやりたいとは思います。

    志賀直哉は行きつけのすし屋で、実際この光景をみて作品のヒントを得たようです。

    もちろん、その子の自助努力のことを考えるのも重要ですが。




    【【不憫】『小僧の神様』実際、目にしたことが題材】の続きを読む


    『和解』


    順吉(志賀直哉) 妻(志賀康子) モデルとなった志賀康子は、旧姓勘解由小路(かでのこうじ)で、武者小路実篤とは従妹関係。志賀直哉より7つ年下。 父(志賀直温) 実母(志賀銀) 母(志賀浩) モデルとなった志賀浩は1872(明治5)年生まれで、志賀直哉とは11歳しか年が離れていない。 祖母(志賀留女)
    17キロバイト (3,180 語) - 2019年10月17日 (木) 00:21



    (出典 www.shinchosha.co.jp)


    昔も今も人間の心の問題はかわらないものです。

    紀元前からかわっていないのでは、科学が発達し極めて安楽な性格環境になりましたが。

    【『和解』】の続きを読む

    このページのトップヘ