アート天国JAPAN

当サイトは、歌舞伎 能 音楽 舞踊 文楽 絵画 文学など に 関する情報の5chやTwitterの声をまとめています。

    伝統工芸


    白河だるま市 JR白河駅前の目抜き通りをメイン会場として開催される。毎年2月11日(建国記念の日)開催。15万人の人出がある。 三春だるま市 福島県三春町の大町おまつり道路で1月第三週日曜日に開催。高柴デコ屋敷で製作された三春だるまが中心。頭が平たく最初から目が入っているのが特徴。 川崎大師だるま市 毎年1月3日開催。
    24キロバイト (3,562 語) - 2020年12月16日 (水) 14:45



    (出典 dekoyashiki-daikokuya.co.jp)


    三春だるま市 - YouTube

    (出典 Youtube)
    賑やかです。


    だるまが寝ているところを、見たことがありません。

    どう転がそうが、起き上がる!
    【【再興】『三春だるま市』wwwww】の続きを読む


    備前焼(びぜんやき)は、岡山県備前市周辺を産地とする炻器。日本六古窯の一つに数えられる。備前市伊部地区で盛んであることから「伊部焼(いんべやき)」との別名も持つ。同地区で数多く見られる煉瓦造りの四角い煙突は備前焼の窯のものである。 備前市南部から瀬戸内市内には古墳時代から平安時代にかけての須恵器窯跡
    9キロバイト (1,310 語) - 2020年8月5日 (水) 01:22



    (出典 static.sanyonews.jp)


    【【寄付】『備前焼シーサー』×首里城wwwwww】の続きを読む


    羽子板(はごいた)は、長方形で柄のある板。 羽根突きに用いる競技用の羽子板と、飾り羽子板に分別できる。 羽根突きの様子 骨董市で売られている様々な古い羽子板。実際に羽根突きに使われていたものもある。 室町時代の文献『下学集』に「正月に羽子板を用いた」という旨の記述があり、これが文献における羽子板
    6キロバイト (754 語) - 2018年12月29日 (土) 11:13



    (出典 www.kyugetsu.com)



    小さい女のお子さんをおもち方は、是非買ってあげたらと思います、喜びますよきっと。

    子どもは、いつの間にか大きくなってしまいます。

    とくに小さい頃に親から大事にされたという、記憶は、生涯消えません。

    それがいくつになっても、ちからになります。

    【【祈願】『飾り羽子板』健やかwww】の続きを読む


    宮大工 (カテゴリ 日本伝統工芸)
    が殆ど使わなくなった槍鉋を用いる、といった独自の技法や世界観を継承している。国宝・重要文化財級建築修復を任せられるは、瀧川寺社建築(奈良県桜井市)など全国に5社程度という。 著名な宮大工には、西岡常一や佐々木嘉平、窪田文治郎、松浦昭次(俗に大工人間国宝といわれる、文化財保存技術者)などがいる。
    3キロバイト (390 語) - 2019年11月10日 (日) 05:00



    (出典 www.jiji.com)


    どんな良い芸術作品も時が経つにつれて、修復をほどこさなければならなくなります、その繰返しは今後ずっと続いて行きます。

    修復の技を残して行くため、国家を背景にした、工匠たちへの更なる地位向上の為の配慮はとても大切なことです。
    【【勧告】伝統建築修復の技 無形文化遺産へwww】の続きを読む


    1949年7月に六世尾上菊五郎が死去したのち、菊五郎を座長として公演していた歌舞伎役者が尾上菊五郎劇団の名前での公演を開始した。2015年現在、七代目尾上菊五郎が主宰している。最近では2015年1月に国立劇場で『通し狂言 南総里見八犬伝』を上演した。 ^ “尾上菊五郎が体調不良で歌舞伎座休演 今後は未定”
    10キロバイト (1,074 語) - 2020年10月20日 (火) 13:52



    (出典 www.asahicom.jp)



    今は、元気です。

    それこそ、歌舞伎少年を貫きあの世まで。

    1 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ :2016/04/06(水) 07:05:23.30 ID:CAP_USER*.net

    3月に胃潰瘍で休演した歌舞伎俳優の尾上菊五郎(73)が5日、都内で東京・歌舞伎座の5月公演「團菊祭」の取材会を行い
    「あと1回吐いてたら、分からなかった」と生死にかかわる大量吐血をしていたことを明かした。
    また歌舞伎界をにぎわせた片岡愛之助(44)と藤原紀香(44)の結婚について
    「大歓迎。(紀香は)こんぴら歌舞伎にも行けばいい」と喜びながらも、おかみさんと女優との両立は「難しい」と助言した。

    家族も心配するほど病状は深刻だった。「胃に穴開いて。血を一升瓶(1・8リットル)以上吐いた。真っ黒いのが、ドバーッと。
    もう1回吐いてたら(命が)分からなかった、と医者が言っていた」。菊五郎はショッキングな場面を淡々と振り返った。

    大量吐血は2月27日に自宅で起きた。その直後に帰宅した妻で女優の富司純子(70)もびっくりする中、病院に行くことを拒み、自宅にとどまった。
    翌日何とか3月公演の稽古へ向かったが、顔面そう白の状態。29日に病院に行くと即入院の診断を受け、一時休演を余儀なくされた。

    「食あたりで悪い血が全部出たのかと。(29日は)ホットドッグ食べて胃カメラしたから、最初ちゃんと撮れなかったんだ」と反省。
    療養で胃壁も修復。
    精密検査でもがん細胞は見つからなかった。医師からは「酒も晩酌程度なら」と忠告されたそうだが「俺の晩酌の量を知らないだろうに。
    治って銀座に行ったのまだ1回。節制? 全然しない! それでくたばるなら、役者やめた方がいい」と全快アピール。たばこを吸う余裕も見せた。

    愛之助の結婚については「大歓迎。歌舞伎界を宣伝してくれてありがたい」と喜んだ。
    9日初日の「四国こんぴら歌舞伎」で紀香が“おかみさんデビュー”するかどうかで物議を醸しているが
    「今日これからその2人が、うちにあいさつに来るよ。『こんぴらに、行け行け』と言ってやろうか」と明かした。

    自身もNHK大河ドラマ「源義経」での共演が縁で富司(当時、藤純子)と結婚(72年)。
    東映のスター女優だった富司は人気絶頂期に自ら引退を決め、音羽屋のおかみさん業に専念。
    女優復帰は10年後だった。
    富司の苦労を間近に見てきた菊五郎だけに「女優と両立? 確かに難しいと思うよ。
    でも子供を産むかどうかでも全然違ってくるからな」とエールを送った。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160405-00000183-sph-ent
    スポーツ報知 4月6日(水)7時2分配信


    (出典 www.hochi.co.jp)


    【【元気】です今は。尾上菊五郎、大量吐血していたwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ