アート天国JAPAN

当サイトは、歌舞伎 能 音楽 舞踊 文楽 絵画 文学など に 関する情報の5chやTwitterの声をまとめています。

    手塚治


    【共存】『鉄腕アトム』21世紀の未来の象徴マンガ


    鉄腕アトム』(てつわんアトム、日本での英題はMighty Atom)は、手塚治虫のSF漫画作品及び同作を原作としたテレビアニメ、特撮テレビ番組の作品名、並びに作品内の主人公である架空のロボットの名称である。テレビアニメ版で使用された主題歌の曲名でもあり、同シリーズゲームのタイトル名にもなっている。
    104キロバイト (15,929 語) - 2020年4月1日 (水) 19:52



    (出典 ic4-a.wowma.net)


    わたしが子供の頃は、科学技術の発展にともなって21世紀にもなれば、今のようなくるしい仕事もなく、幸せにみちみちた生活ができると思っていました。

    手塚治のこの作品に描かれている21世紀は、自動車はタイヤがなく透明なチューブのなかを走っていたり、子供たちがその隣の空き地で草野球をしていたり、温かみのある世界です。


    そして現代、車の自動運転も現実的なものとなりつつあります、インターネットを使ったテレビ電話も一般的になっています、これ以外にもアトムが生まれた時代に描かれた未来が具体的なものとなってきております。

    少し、おくれているだけです。

    あとは、科学の探求が心の世界に向かってゆくことが大切です。
    科学的幸福と心の世界の幸せとの共存です。

    もう向かっています、量子理論、この分野こそ心の世界を解明し私たちに真の希望を与えてくれるはずです。


    【【共存】『鉄腕アトム』21世紀の未来の象徴マンガ】の続きを読む


    『火の鳥』について画像をまとめてみた


    『火の鳥』不死鳥のごとく甦る
    本質・人間業が、手塚治虫自身独特な思想を根底に壮大なスケールで描かれる。物語は「火の鳥」と呼ばれるが登場し火の鳥血を飲めば永遠命を得られるという設定元、主人公たちはその火の鳥と関わりながら悩み、苦しみ、闘い、残酷な運命に翻弄され続ける。 雑誌「COM」以降
    136キロバイト (20,764 語) - 2020年4月6日 (月) 08:58



    (出典 img.hmv.co.jp)



    人間は、不死ではありません、身体のことです。

    スピリットで、あの世界で永遠にしあわせに暮らせるのなら、本望です。


    『不死鳥のごとく、よみがえる。』、これは例えで時々使われる言葉ですが

    いいことばです。

    【『火の鳥』不死鳥のごとく甦る】の続きを読む

    このページのトップヘ