アート天国JAPAN

当サイトは、歌舞伎 能 音楽 舞踊 文楽 絵画 文学など に 関する情報の5chやTwitterの声をまとめています。

    仏像

    【畏怖】あこわー❗『東寺 不動明王像』』
    不動明王像を中心に、降三世明王、軍荼利明王、大威徳明王、金剛夜叉明王像を配す。東寺御影堂の不動明王像とともに、明王像としては日本最古の作例である。 梵天坐像・帝釈天半跏(国宝)- 梵天は法隆寺などにある奈良時代のと異なり、4面4臂の密教であり、4羽の鵞鳥が支える蓮華座上に坐す。帝釈天
    60キロバイト (9,305 語) - 2020年5月11日 (月) 00:52



    (出典 butsuzolink.com)


    日本でもっとも古い不動明王様が東寺に鎮座されておられます。

    どんな悪人でも仏道に首根っこつかんでも、導く決意の威厳と慈愛を持たれておられる。

    【【畏怖】あこわー❗『東寺 不動明王像』】の続きを読む


    弥勒菩薩(みろくぼさつ)、梵: maitreya(マイトレーヤ)、巴: metteyya(メッテイヤ、メッテッヤ)は仏教において、釈迦牟尼仏の次に現われる未来仏であり、大乗仏教では菩薩の一尊である。 弥勒は音写であり、「慈しみ」(梵: maitrī, 巴: mettā)を語源とするため、慈氏菩薩(“慈しみ”という名の菩薩)とも意訳する。
    14キロバイト (2,101 語) - 2020年4月23日 (木) 02:28



    (出典 fanblogs.jp)



    釈迦入滅後56億7千万年後、弥勒菩薩が人類を救いにこられるという、それは、比喩ではなかろうか、あまりにも遅すぎるからである。

    現代科学ではおよそ46億年前に、今の状態の地球が完成したといわれていますが

    地球が少しずつ形造られ始めた時から数えたら、どうだろう。

    こう考えるとこの56億7千万年は、科学的根拠を得るとともに来臨が現実的なものになってくる。

    ということは
    現代に来臨があってもよいことになります !



    【【降臨】『弥勒菩薩』56億7千万年後とは】の続きを読む


    奈良時代の作。もと西金堂本尊釈迦如来の周囲に安置されていた群像の1つ。五部浄、沙羯羅(しゃがら)、鳩槃荼(くはんだ)、乾闥婆(けんだつば)、阿修羅、迦楼羅、緊那羅、畢婆迦羅(ひばから)の8体が揃って現存するが、五部浄は大破して胸から下の体部が失われている。中でも三面六臂(顔が3つで手が6本)の阿修羅像が著名である(※右列に画像あり)。
    56キロバイト (8,872 語) - 2020年5月15日 (金) 11:52



    (出典 blog-imgs-102.fc2.com)


    憂いと慈悲に満ちた顔、阿修羅像をみて救いを心の救いをえられます。
    三つの顔に六本の手、いかなる人も救うという意味だと思います。
    【【慈愛】溢れる『阿修羅像』特別な人気を誇る国宝】の続きを読む

    このページのトップヘ