アート天国JAPAN

当サイトは、歌舞伎 能 音楽 舞踊 文楽 絵画 文学など に 関する情報の5chやTwitterの声をまとめています。

    華道



    (出典 ww.nippon.com)


    【『華道』は平安を増し心を整える。】の続きを読む



    勅使河原 (てしがはら ひろし、1927年1月28日 - 2001年4月14日) は、日本の芸術家。草月流三代目家元。映画、いけばな、陶芸、舞台美術、オペラなど様々な分野で活躍した。妻は女優の小林トシ子。 ATG初の日本映画の監督であり、安部公房原作の作品群ではドキュメンタリータッチを基本にし
    12キロバイト (1,340 語) - 2019年10月2日 (水) 06:01



    (出典 auctions.afimg.jp)


    華道などひとつを
    を極めると芸術の全てにつうじるようになるのでしょうか。
    【【多才】『勅使河原宏 華道家』】の続きを読む


    勅使河原茜が草月流四代目家元となった。 また、舞台美術の創作にも精力的に取り組み、オペラ『トゥーランドット』(1992年)を手始めとして、『スサノオ』(1994年)、『スローカ』(1999年)、『すさのお異伝』(同年)を手掛ける。勅使河原
    12キロバイト (1,340 語) - 2019年10月2日 (水) 06:01



    (出典 www.sogetsu.or.jp)



    オペラなど舞台美術の創作にも、取り組んでおられ、パワーを感じます。
    【【四代目】草月流家元『勅使河原茜』】の続きを読む



    (出典 www.kochinews.co.jp)

    ういういしい花が、花を生けています。

    【【前向】心養成『華道』】の続きを読む


    雄貴(つじ ゆうき、1983年(昭和58年)11月29日 - )は、日本の華道家。辻雄貴空間研究所主宰。学位は修士(建築学)。 1983年(昭和58年)生まれ。静岡県富士市出身。 工学院大学・同大学院在学中(工学研究科建築学専攻)に、いけばなと出会い、いけばな作家
    12キロバイト (1,273 語) - 2018年9月14日 (金) 01:35



    (出典 www.asahicom.jp)


    華道家 辻雄貴は東エ大の建築科を出ています。
    建築の知識を生かした斬新な華の道をつきすすむ。
    ですが、
    山に登って自然に生えている主軸となる天然の素材探しから始めます。


    【【天然】を柱に『華道家 辻雄貴』】の続きを読む

    このページのトップヘ